GHG排出量算定クラウドサービスzeroboard

お問い合わせ / 資料請求はこちら
TOPICS
物流業界および建設業界に特化した新ソリューションを発表
CFPの算定機能をリリース

zeroboardの主な機能

算定企業活動全体のGHG排出量を見える化

  • サプライチェーン全体(Scope1-3*1)の排出量を算定・可視化
  • 製品別・サービス別(LCA*2)排出量の算定・可視化
  • 国内外のグループ会社や製造拠点の排出量登録・データ連結・一元管理
  • サプライヤの実績値の収集・管理機能
  • 国内外の各種排出原単位のデータベースを搭載
  • 多言語対応(日本語・英語・タイ語)

*1 Scope1-3:Scope1/自社の事業活動における直接的な排出、Scope2/他社から供給された電気、熱・蒸気の使用により発生する間接的な排出、Scope3/前述以外の事業活動に関わるサプライチェーン(他社)の排出
*2 LCA:ライフサイクルアセスメント(Life Cycle Assesment)の略。原料採掘から廃棄まで、全体の環境負荷を数値化し、定量的に評価する手法

報告信頼性の高いサステナビリティ情報の報告・開示

  • 国際審査・認証機関がシステムの妥当性を保証していることで(ISO14064-3に準拠した検証)、正しい算定作業が可能
  • 各種報告書(CDP、TCFDなど)の定量的な回答(開示)項目に準拠した算定が可能
  • 省エネ法、温対法など各種環境法令に対応したアウトプット
  • ステークホルダーに対して、必要な範囲に限定したデータ連携

削減パートナーとの協業による多彩な削減支援

  • 削減目標に対する実績管理
  • 国内外のカーボンクレジットの提供(カーボンクレジット調達パートナー:関西電力、三菱商事、住友商事)
  • zeroboardをハブとした国内最大のエコシステム
  • ファイナンス、再エネ、省エネ・低炭素ソリューション、原材料調達、ヒューマンリソースの提供など、各社の脱炭素課題に沿った多彩な削減支援

始めやすい仕組み・かんたんな操作

  • 活動量(生産量や使用量)を入力するだけで自動算定
  • 使いやすいUI/UXで直感的な操作が可能
  • 専門的な知識は不要。最初に事業内容を設定するだけで、算定必要項目が絞られる
  • 1拠点からの料金プランを設定。中小企業も予算に合わせて取り組める
  • サプライヤにお使いいただく際も、負荷なく導入可能

なぜ可視化が
必要なのでしょうか?

ESGや脱炭素に対する関心の高まりを受け、サステナブルファイナンスも拡大していることから、企業にとってGHG排出量は、財務影響に対するリスク管理上の重要指標となってきています。zeroboardでGHG排出量の算定・可視化を通して企業価値向上と地域のカーボンニュートラルの実現を目指しましょう。

もっと見る

導入事例

zeroboard導入企業の一部をご紹介します。業種や規模に関わらず、国内外の多くの企業でご利用いただいています。

もっと見る

zeroboardによる算定から開示および削減までのステップ

  1. STEP 01
    CO2算定勉強会・
    現状・課題ヒアリング
  2. STEP 02
    算定スケジュール策定
    対象範囲・算定方法決定
  3. STEP 03
    クラウドシステム
    初期設定・利用開始
  4. STEP 04
    算定の実施・
    システムへのデータ登録
  5. STEP 05
    算定の高度化
    (サプライヤからのデータ収集
    ・製品/サービス別排出量算定)
  6. STEP 06
    ホットスポット分析
    ・CO2削減
    ・オフセット実行
  7. STEP 07
    サステナビリティ
    レポート作成支援・
    SBT/CDP/TCFD等対応支援

よくあるご質問

算定対象となるGHG(温室効果ガス)とは?
日本ではCO2を含む7種類のガスが存在します。
詳しくはこちら
Scope3のCO2排出量の算定に当たり、サプライヤーからのデータを集計する方法とは?
弊社のzeroboardを活用することで、自動連係が実現します。
詳しくはこちら
多言語対応は検討していますか?
日本語、英語、タイ語に対応しております。
詳しくはこちら
zeroboardの推奨ブラウザは何ですか?
Google Chrome 最新バージョン、Microsoft Edge 最新バージョンに対応しております。
詳しくはこちら
zeroboardの算定機能は正確なのでしょうか?
zeroboardはGHGプロトコルや環境省の基本ガイドラインに基づいて適切に算定・出力されるものとして設計されていることの妥当性が保証されています。

詳しくはこちら
もっと見る

さらに詳しく、脱炭素経営のヒントが見つかるイベント情報をお知らせします。

2022/12/516:00 - 17:00
2022/12/5|来年6月に本年度の開示を行いたい方必見!TCFD対応ウェビナー
2022/12/1514:00 - 15:00
2022/12/15|CFP最前線!製品・サービス別CO2排出量 可視化ルールの最新動向ウェビナー

CO2が見えると、
クリーンな未来が見えてくる。

お問い合わせ / 資料請求