~300人CO2排出量の算定・可視化取引先への開示自社のCO2排出量算定・削減製品・サービス別のCO2排出量可視化・削減製造非上場食料品

製品別GHG排出量の算定で他社商品との差別化を

Juice Products New Zealand Limited(住商フーズ 子会社)

CEO
山口 昭成 様

課題・導入背景

NZで野菜・果実ジュースを製造する当社に対し、顧客からのGHG排出量及び削減計画に対する問い合わせが増えており、現状のGHG排出量の把握・算定が喫緊の課題でした。算定の際には、NZ固有のエネルギー環境も把握する必要がありました。また算定により、競合他社との商品差別化にも繋がり得るものと考え、導入に至りました。

導入効果・今後期待される効果

当社の製品別GHG排出量や企業活動全体のGHG排出量を算定することができ、今後の削減計画の策定が可能となりました。また、算定のプロセスにおいてNZ固有の係数や国毎・地域毎に排出係数が違うことがわかり、当社商品の差別化になり得るものと考えています。

ゼロボードに決めた理由

業界や国・地域毎に様々な算定方法や係数がある中、単なる係数の提供や算定支援のみならず、コンサルティングサポートの枠組みの中で当社側への教育や、地域性や固有の業界環境、生産プロセスも踏まえた詳細な算定方法に関する支援も得られるとのことで、導入を決定いたしました。


Juice Products New Zealand Limited
https://jp-nz.com/

SNSでシェアする

脱炭素領域のスペシャリストが、
あなたの課題を解決します。

お問い合わせ / 資料請求