NEWS

2022.11.18

PRESS RELEASE

ゼロボード代表 渡慶次が、在タイ日本大使館などが主催し、タイ財閥が共催するイベント「Rock Thailand #4」の講演に登壇

〜 タイ財閥企業と脱炭素化に向けたASEANでのエコシステム構築を目指す 〜

GHG(温室効果ガス)排出量算定・開示/報告・削減までを支援する一気通貫ソリューション「zeroboard(ゼロボード)」を提供する株式会社ゼロボード(東京都港区、以下「当社」)の代表取締役 渡慶次道隆は、2022年11月16日(水)に、在タイ日本国大使館・JETRO(日本貿易振興機構)が主催し、タイ財閥のCPグループが共催するイベント「Rock Thailand #4」(バンコク開催)の講演に登壇いたしました。

西村経産相とスタートアップ代表者とともに(前列左から3番目が渡慶次)
当社代表 渡慶次がプレゼンテーションに登壇

「Rock Thailand #4」は、APEC2022 “open, connect, balance”において議長国タイが掲げるBCGエコノミー(Bio-Circular-Green)をテーマに、日本政府の戦略である、日本のアジア未来投資イニシアティブ(※1)に基づき日タイ“co-creation(共創)“案件を創出していくこと、また、GXの下での国際協力の枠組みである「アジア・ゼロエミッション共同体(AZEC)」(※2)構想を、共に進めることを体現するイベントです。
本イベントは、西村康稔経済産業大臣からのスピーチで始まり、日本のスタートアップによる講演と、タイ財閥企業等とのマッチングが行われました。当社は日系スタートアップの中から登壇企業に選ばれ、代表の渡慶次がASEANでの脱炭素支援戦略について講演を行いました。当日は多くのタイの財閥企業と今後の連携について意見交換できるなど今後に繋がる成果が得られました。本イベントをきっかけに関係構築を推進し、脱炭素領域での日タイ“共創”案件の創出に尽力してまいります。

(※1)経済産業省ホームページ:https://www.meti.go.jp/press/2021/01/20220110001/20220110001.html
(※2)2022年3月1日付 経済産業省発表「カーボンニュートラル実現に向けた国際戦略」より

ゼロボードが推進するASEANの脱炭素化について

当社は2022年8月に長瀬産業株式会社、株式会社三菱UFJ銀行、豊田通商株式会社、三菱商事株式会社、住友商事株式会社とともにアジア進出を表明しており、第1弾としてタイでの「zeroboard」を活用した脱炭素経営支援を開始しております。
当社はASEAN地域においても脱炭素経営を支援すべく、現地法人の設立や、非日系企業も含めたビジネスパートナーの獲得により、サプライチェーンのGHG排出量の可視化から削減までをワンストップで提供できる体制を強化し、ASEAN地域の脱炭素化に寄与してまいります。

zeroboardについて

「zeroboard」は、脱炭素経営パートナーとしてGHG(温室効果ガス)排出量算定・開示/報告・削減までを支援する一気通貫ソリューションです。企業活動やサプライチェーン由来のGHG排出量をクラウド上で算定と可視化を行い、課題に合わせたGHG削減ソリューションを提供することで、企業の脱炭素経営を支援しています。

・国内外のサプライチェーン排出量(Scope1-3(※3))、製品別・サービス別排出量(カーボンフットプリント)の算定・可視化、サプライヤの実績値の収集・管理機能
・多言語対応(日本語・英語・タイ語)
・第三者機関が妥当性を保証済みの信頼性を担保されたシステム(ISO14064-3(※4))に準拠した検証)
・各種報告書(省エネ法、温対法、CDP、TCFDなど)の定量的な開示項目に準拠した算定が可能
・ファイナンス、再エネ、省エネ・低炭素ソリューション、原材料調達、人材の提供など、ユーザー企業の脱炭素課題に沿った多彩な削減支援を提供

(※3)国際的な温室効果ガス排出量の算定・報告の基準である「温室効果ガス(GHG)プロトコル」の中で設けられている排出量の区分(Scope1:自社の事業活動における直接的なGHG排出、Scope2:他社から供給された電気、熱・蒸気の使用により発生する間接的なGHG排出、Scope3:上記以外の事業活動に関わるサプライチェーンのGHG排出)
(※4)国際標準化機構(ISO)が定めたGHGに関する主張の妥当性確認及び検証のための仕様・手引き

■会社概要

株式会社ゼロボード|Zeroboard Inc.(https://zeroboard.jp
所在地: 東京都港区港南二丁目15番1号 品川インターシティA棟22階 SPROUND
代表者: 代表取締役 渡慶次 道隆
設立: 2021年8月24日
事業内容:温室効果ガス排出量算定・可視化クラウドサービス「zeroboard」の開発・提供/電力・環境価値に関するコンサルティング/ブランディング・キャンペーン支援

■企業向けウェビナーについて

当社では、脱炭素経営のための企業向けウェビナーを毎月開催しています。国内外の脱炭素の最新動向や、「zeroboard」の活用方法などを解説しておりますので、ぜひお申し込みください。
2022年12月5日(月)16:00~17:00  今からでも間に合う!来年6月に本年度の開示を行いたい方必見!TCFD対応ウェビナー
2022年12月15日(木)14:00~15:00 CFP最前線!製品・サービス別CO2排出量 可視化ルールの最新動向ウェビナー
2022年12月21日(水)16:00~17:00「初級者向け「脱炭素経営の始め方」

■採用について

当社では、脱炭素社会に向けたサービス構築を一緒に進めていくメンバーを募集しています。ビジネス、エンジニア、コーポレートなど募集ポジションは多岐にわたります。私たちのビジネスやプロダクト、チームにご興味をお持ちの方はぜひお問い合わせください。
採用に関するお問い合せ先:recruit@zeroboard.jp

導入に関するお問合せ先:info@zeroboard.jp
報道やご取材についてのお問合せ先:pr@zeroboard.jp

SNSでシェアする

CO2が見えると、
クリーンな未来が見えてくる。

お問い合わせ / 資料請求