NEWS

2021.10.04

NEWS

東亜ディーケーケーの脱炭素化に向けた取り組みに、当社「zeroboard」の導入が決定

 株式会社ゼロボード(以下「当社」)が開発・提供するCO2排出量算出・可視化クラウドサービス「zeroboard(ゼロボード)」が、東亜ディーケーケー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:高橋俊夫、証券コード:6848、以下「東亜DKK」)が進める脱炭素経営に向けた課題解決のためのツールとして導入が決定いたしました。

 東亜DKKは、「再エネ100宣言 RE Action(アールイーアクション)」に参加を表明し、グループ全社の使用電力から発生するCO2排出量を実質ゼロにする取り組みを進められており、2021年度中に実質ゼロ化を達成できる予定とされています。その活動の一環として、2021年7月より当社の「zeroboard」を導入していただいております。

 「zeroboard」は企業活動によって排出されたCO2量を算出し、国際基準であるGHGプロトコルにおけるScope 1~3が可視化できるクラウドサービスで、難解な計算を必要とぜず、企業様自身で算出していただけます。このサービスを通じて、東亜DKKの脱炭素化経営を支援してまいります。

■東亜DKKのプレスリリース
https://www.toadkk.co.jp/news/2021/20211004.html

■zeroboardの詳細
https://zeroboard.jp/solution

SNSでシェアする

CO2が見えると、
クリーンな未来が見えてくる。

ゼロボードは、脱炭素社会を目指す企業やサービスをテクノロジーで後押ししています。
CO2排出量を消費者に見える化することで、ライフスタイルに変化をもたらし、
誰もがあたりまえに環境課題に取り組むことができる社会の実現を目指します。

お問い合わせ / 資料請求