NEWS

2021.09.22

COMPANYPRESS RELEASE

関西電力との協業開始のお知らせ

CO2(二酸化炭素)排出量算出・可視化クラウドサービス「zeroboard」を展開する株式会社ゼロボード(本社:東京都港区、代表取締役:渡慶次 道隆、以下「当社」)は、ゼロカーボン社会の実現に向け、関西電力株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:森本 孝、以下「関西電力」)と協業することについて、本日9月22日に基本合意いたしました。

世界的な脱炭素化の流れの中、企業にはCO2排出量を削減する取り組みが求められていますが、そのためには、まず、自社の事業活動に伴うCO2排出量を把握し、その上で、削減のための具体的な取組みを検討・実施することになります。しかしながら、企業内外の膨大なデータ集計が必要となることから、多くの企業がその算出に課題を抱えています。

そのような背景の中、当社は、今般の関西電力との協業を通じて、当社のCO2排出量算出・可視化クラウドサービス「zeroboard」を活用した、ソリューション・プロバイダとの協業モデルの確立に取り組み、「zeroboard」を脱炭素社会のデータインフラにすべく邁進するとともに、ゼロカーボン社会実現への貢献を目指します。

具体的には、関西電力の顧客の電力・ガス使用量データを当社の「zeroboard」に連携し、CO2排出量の算出作業を簡便化します。さらに、「zeroboard」上で関西電力のソリューションを採用した場合のCO2排出削減シミュレーションができる機能の追加を検討するなど、サービスの高度化や拡充に取り組んでまいります。

当社は本協業を通じて、ゼロカーボン社会実現へ貢献を目指すとともに、ご使用いただく企業様のニーズに応えられるサービスとして確立できるよう、開発を進めてまいります。

zeroboardについて

企業活動によって排出されたCO2量を算出し、国際基準であるGHGプロトコル(*1)におけるScope 1~3(*2)が可視化できるクラウドサービスです。

  • 膨大なデータ処理を必要とするサプライチェーン排出量や商品ごとのCO2排出量の算出
  • 視認性の高いダッシュボードによるCO2排出量の削減管理やコスト対効果のシミュレーション機能
  • TCFD等の国際的な開示形式に加え、国内の既存環境法令の報告形式にも対応したアウトプット
  • 専門的な知識を必要としないユーザーフレンドリーな操作性

*1:Greenhouse Gas(温室効果ガス)の排出量の算定と報告の国際基準

*2:事業者によるCO2排出量の算定・報告対象範囲の区分(Scope1:自社の事業活動における直接的なCO2排出、Scope2:他社から供給された電気、熱・蒸気の使用により発生する間接的なCO2排出、Scope3:上記以外の事業活動に関わるサプライチェーンのCO2排出)

協業概要

(1)期間
2021年9月22日〜

(2)協業の内容
・zeroboardの機能開発・高度化
・zeroboardの利用・活用 等

(3)各社の役割

関西電力・CO2排出量削減施策の開発・提供・運用 
・エネルギー事業者としての知見・ノウハウを活かした(株)ゼロボードの役割の補完
(株)ゼロボード     ・CO2排出量算出・可視化クラウドサービス「zeroboard」の開発・提供・運用

(4)各社の概要
<関西電力>
社名:関西電力株式会社
設立日:1951年5月
代表:代表執行役社長 森本 孝(もりもと たかし)
本社:大阪府大阪市北区中之島三丁目6番16号
主要事業:電気事業、熱供給事業、電気通信事業、ガス供給事業 等

<(株)ゼロボード>
社名:株式会社ゼロボード
設立日:2021年8月24日
代表:代表取締役 渡慶次 道隆(とけいじ みちたか)
本社:東京都港区港南二丁目15番1号 品川インターシティA 棟 22階 SPROUND
主要事業:主要事業:CO2排出量算出・可視化クラウドサービス「zeroboard」の開発・提供 等

本件に関する問い合わせ先

株式会社ゼロボード広報担当
Email:pr@zeroboard.jp

SNSでシェアする

CO2が見えると、
クリーンな未来が見えてくる。

ゼロボードは、脱炭素社会を目指す企業やサービスをテクノロジーで後押ししています。
CO2排出量を消費者に見える化することで、ライフスタイルに変化をもたらし、
誰もがあたりまえに環境課題に取り組むことができる社会の実現を目指します。

お問い合わせ / 資料請求