NEWS

2022.02.10

EVENT

登壇情報 |3/18(金)| 日刊工業新聞社ウェビナー『企業存続にも直結、「CO2排出量」の計り方』

日刊工業新聞社が主催するオンラインセミナーに当社代表 渡慶次が登壇いたします。

本セミナーでは、多くの企業に排出量算定クラウドサービスを提供する「ゼロボード」の代表取締役 渡慶次が排出量の算定が不可欠になった理由を“徹底解説”します。
また、当日はSDGs関連のニュースを取材する松木喬記者が進行役を務め、講師と共にScope3、TCFD、サステナビリティ・リンク・ローンなどのキーワードを解説し、脱炭素時代を生き抜く知見を提供します。

開催概要

セミナー名:『企業存続にも直結、「CO2排出量」の計り方』
開催方法:オンライン(事前登録制)
開催日時:2022年3月18日(金)14:00-15:30
受講料:19,800円(過去に受講された方は割引あり)
こんな方におすすめ:
 ◆プライム市場上場1841社のうち、未だ排出量の報告準備が済んでいない企業の経営企画、財務・IR、広報担当者
 ◆大手企業のサプライヤー(製造業だけでなくIT企業の取引先の方の参加も歓迎です)
 ◆海外の取引先から開示を求められたが、社内に専門人材が不在で排出量を計算できない経営者
 ◆カーボンニュートラルに関心があり、排出ゼロ達成に向けた目標を策定したい企業
 ◆融資先の企業に排出量を算定してほしい銀行
 ◆政府の「脱炭素先行100地域」選定を目指しており、地元企業に削減目標を設定してほしい自治体職員 など

主催:日刊工業新聞社

【関連記事】
日刊工業新聞ニュースイッチ
https://newswitch.jp/p/30815

【進行予定】
14:00 オープニング
14:05 ①渡慶次による講演
14:45 ②業界の最新動向に関して、松木記者を交えたフリーディスカッション
15:30 クロージング ※質疑応答の時間は設けておりません。参加者から事前にいただいた質問は、フリーディスカッションの際に一部取り上げる予定です。

申し込み方法

詳細・参加申し込みはこちらをご覧ください。
※申込期限:2022年3月17日(木)12:00まで
https://select-type.com/ev/?ev=ifi7SQ5MdZI

SNSでシェアする

CO2が見えると、
クリーンな未来が見えてくる。

ゼロボードは、脱炭素社会を目指す企業やサービスをテクノロジーで後押ししています。
CO2排出量を消費者に見える化することで、ライフスタイルに変化をもたらし、
誰もがあたりまえに環境課題に取り組むことができる社会の実現を目指します。

お問い合わせ