NEWS

2021.09.22

COMPANYPRESS RELEASE

株式会社ゼロボード CO2排出量算出・可視化クラウドサービス「zeroboard」のMBOを実施

株式会社ゼロボード(本社:東京都港区、代表取締役社長:渡慶次道隆、以下「当社」)は、CO2(二酸化炭素)排出量を算出・可視化するクラウドサービス「zeroboard(ゼロボード)事業」をマネジメント・バイアウト(以下「MBO」)し、その運営を開始いたしました。

ゼロボードは、2021年9月21日にMBOを実施し、株式会社A.L.I. Technologies(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野大輔)が運営していた「zeroboard事業」の事業譲渡を受け、その運営を開始いたしました。
世界的な脱炭素化の流れの中、上場企業を中心にCO2排出量の算出・開示は避けて通れないものになりつつあります。中でも、サプライチェーン排出量や商品ごとのカーボンフットプリントは、企業内外の膨大なデータ集計が必要となることから、多くの企業がその算出に課題を抱えています。「zeroboard」は、企業内の各種ビジネスツールや、サプライヤーからのAPI連携によるデータ収集によって、サプライチェーン上のCO2排出量の算出を容易にし、削減管理や各種報告形式でのアウトプットが可能なクラウドサービスです。コンサルティングファームの起用や高額な導入費用を必要とせず、企業様ご自身でお使いいただけるサブスクリプションサービス(月額課金制)として提供いたします。
当社は、今回のMBOによって、B2B向けSaaS企業としてよりスピーディな事業経営を行う体制を整え、加速度的に増している企業の脱炭素領域のニーズに応えてまいります。

会社概要

名称:株式会社ゼロボード(英語表記:Zeroboard Inc.)
代表者:代表取締役 渡慶次道隆
設立日:2021年8月24日
事業内容:
CO2排出量算出・可視化クラウドサービス「zeroboard」の開発・提供
電力・環境価値に関するコンサルティング
ブランディング・キャンペーン支援
ホームページ: https://zeroboard.jp
お問合せ先:info@zeroboard.jp

zeroboardについて

企業活動によって排出されたCO2量を算出し、国際基準であるGHGプロトコル(*1)におけるScope 1~3(*2)が可視化できるクラウドサービスです。

  • データ処理を必要とするサプライチェーン排出量や商品ごとのCO2排出量の算出
  • 視認性の高いダッシュボードによるCO2排出量の削減管理やコスト対効果のシミュレーション機能
  • TCFD等の国際的な開示形式に加え、国内の既存環境法令の報告形式にも対応したアウトプット
  • 専門的な知識を必要としないユーザーフレンドリーな操作性
  • 代表挨拶(渡慶次 道隆/とけいじ みちたか)

    現在、気候変動対策として脱炭素化社会への移行が目指されていますが、その過程で生じる変化は、ほぼ全ての企業に財務的な影響を及ぼします。企業にとって、CO2排出量はそのような財務影響に対するリスク管理上の重要指標であり、今後、事業規模に関わらず、算出・把握が求められる時代になると考えます。

    「zeroboard」は、CO2排出量の把握に係る煩雑な集計作業や高額な外部委託費用を大幅に削減することで、企業が、その規模を問わず、脱炭素経営に取り組むことを可能とします。

    企業の脱炭素経営のサポートを通じて、社会全体へのCO2排出量削減へ向けた意識づけと、新たなライフスタイルを定着させることを目指し、脱炭素社会の実現に貢献してまいります。

    *1:Greenhouse Gas(温室効果ガス)の排出量の算定と報告の国際基準
    *2:事業者によるCO2排出量の算定・報告対象範囲の区分(Scope1:自社の事業活動における直接的なCO2排出、Scope2:他社から供給された電気、熱・蒸気の使用により発生する間接的なCO2排出、Scope3:上記以外の事業活動に関わるサプライチェーンのCO2排出)

    本リリースに関するお問合せ先

    株式会社 ゼロボード 広報担当
    Email:pr@zeroboard.jp

    SNSでシェアする

    CO2が見えると、
    クリーンな未来が見えてくる。

    ゼロボードは、脱炭素社会を目指す企業やサービスをテクノロジーで後押ししています。
    CO2排出量を消費者に見える化することで、ライフスタイルに変化をもたらし、
    誰もがあたりまえに環境課題に取り組むことができる社会の実現を目指します。

    お問い合わせ / 資料請求